日本での性感染症が多い理由

日本では未だに性感染症の感染者が減ることはありません。むしろ、年々増え続けています。性感染症とは性行為や、それに類似した行為により感染するものです。「梅毒」、「淋病」、「軟性下疳」、「鼠径リンパ肉芽腫」が4大性病といわれていたようですが、近年ではクラミジアやエイズ、性器ヘルペスが主な症状になっています。

また、梅毒や淋病が再び感染を広めているようで先進国の中では唯一増加傾向で注意が必要です。その原因として性教育の遅れが挙げられます。若いうちに、コンドームの正しい使い方、性の知識などを学ばないために間違った方法で性行為を行ってしまうため性感染症になってしまうケースがあります。そして性交渉を行う年齢も年々低くなってきています。

事前にそういった知識を得る前に経性行為を経験をしてしまう人も多いため、そのことが若年層の性感染症が多くなる理由となっています。また、性欲が強く複数のパートナーと性行為を行う人が若者に多いのも若年層での感染者が多い理由にあります。性病は感染してから気がづく前に時間がかかるものもあります。その結果、知らず知らずのうちに性感染症にかかってしまい、パートナーにも感染させてしまうのです。

一時期には、エイズという新しい性感染の登場で世界中が衝撃を受けました。もちろん日本もエイズの登場により、性行為の際には必ずコンドームを着用するなどの防衛策が徹底されたために性感染症患者が減少していたといいます。しかしエイズの流行がなかったため、危機感がなくなっていき次第にそのような観念が薄まりました。

エイズは男女間での性交でも感染するのですが、特に同性間(男性同士)の性交による感染が多いようです。理由として、肛門による性交を行うためです。肛門には多数の菌が存在しており、ペニスを挿入してしまうと細かい傷から感染をする可能性があります。そこにHIVが潜んでいたとすれば感染してしまう恐れがあるのです。

日本では性感染症による予防意識が薄く、自分には関係ないという危機感の少なさ、若年層の経験が増加しているという状況が性感染症を広めているといえます。まずは性感染症に対しての正しい知識を持つ必要があります。また、感染したと思ったらすぐに当クリニックなどで検査を受けるようにしてください。

病院へ行けない時のクラミジアの治療法

性病の中でも一番多いといわれているのがクラミジアになります。当クリニックでも1番多くの患者さんがクラミジアで来院されます。なぜクラミジアの感染者が多いのかというと、クラミジアは症状が出にくく、なかなか自覚症状が出来ません。その結果、早期発見が難しく気が付いた時にはパートナーにクラミジアを移して感染を拡大させてしまう恐れがあるんです。さらにクラミジアは感染力が非常に高いため、知らず知らずのうちに感染を拡大させてしまうのです。

その為、もし自分がクラミジアに感染したのではないかと思った時は、すぐにクリニックにて検査をすることをおすすめします。しかしながらなかなか、簡単にクリニックには行けないという方もいると思います。そんな方におすすめな治療方法をお教えいたします。

個人輸入の利用

自覚症状を感じた場合は、通常は病院にて診察をした上で、治療薬をお出ししています。様々な理由ですぐに来院できない方もいらっしゃると思います。そんな方におすすめなのが個人輸入の利用です。個人輸入とは直接海外から薬を取り寄せる方法です。代行業者によって運営されている通販サイトがありますので、それらを利用することで簡単に購入が可能です。

クラミジアに効く抗生物質としてはジスロマックが効果的です。この薬は通常は処方箋が必要なものですが、個人輸入での購入の場合は用意をする必要がありません。そのため、気軽に購入が出来ますし時間と場所を選ぶことがありません。ですが、医師の処方を受けていないので自己責任という形になります。一度診察を受け、使用したことのあるものを購入するのが安心してお使いいただける方法ではないでしょうか。

また、むやみに使用をすると抗生物質に耐性を持った菌が発生する場合もあるため注意をして下さい。そして、個人輸入代行業社で販売している抗生物質は厳重に管理をされているかどうか分かりません。偽物や粗悪品が紛れ込んでいる可能性もあります。利用する際はこのようなリスクがありますので理解をしておく必要があります。

性感染症で最も多いクラミジア。誰もが感染する恐れのある身近な病気です。感染してしまった場合の早急な治療はもちろんですが、掛かってしまった時のためにジスロマックをストックをしておくのも一つの手です。もしジスロマックを通販でお買い求めならお薬なびがお勧めです。もしもの時のため、購入して常備しておくのもよいかもしれません。