クラビットの効果・効能・服用方法

クラビットの効果・効能

「クラビット」は、ニューキノロン系合成抗菌薬の一種です。一般名をレボフロキサシン水和物といいます。

咽頭炎・喉頭炎・扁桃炎・気管支炎・肺炎など呼吸器感染症。
中耳炎・副鼻腔炎などに使用します。膀胱炎や、性感染症であるクラミジアにも使え、アクネ菌(ニキビの原因菌)にもよく効きます。

二次感染にも有効で、例えばインフルエンザからの合併症予防や外科手術の際の二次感染予防にも使われたりします。そのため、「万能薬」とも呼ばれており非常に使い勝手の良い抗菌薬といえます。

クラビットは細菌に対して高い効果を持っています。なんらかの症状に感染した際、細菌は人間の体内で定着をしてDNA複製をし増殖をします。それによって毒素を出し細胞を傷つけて症状が起こるわけなのですが、クラビットはこのDNA複製を阻害する作用を持ち、それが出来なくなった細菌は死んでしまいます。

また、クラビットが様々な症状に効能を発揮する理由として、各組織に移行しやすいためです。そういった理由により多くの細菌により起こされる感染症に効率が良い薬なのです。体内に残りにくく大部分が尿とともに排泄されますのでその性質により膀胱や尿道にも有効なのです。

クラビットの服用方法

クラビットの服用方法は500mg錠を一日一回服用する方法が主流です。以前は100mg錠を一日3回服用する方法でした。

しかしクラビットの場合高濃度で摂取した方が高い効果を得られ、殺菌作用がまるで違います。

そしてもう一つの理由として、少ない用量で長期間服用すると細菌が抗菌薬に対して、耐性を持ってしまいます。耐性を持つということは効果が現れず、より強い薬で臨まなければなりません。

クラビットの副作用・注意事項

強い薬のため副作用も出やすくなりますし、新しい薬でなければ対抗出来ないケースにも発展していく可能性もあります。開発時間がかかりますし、色々と不都合が生じます。

注意事項としては必ず使い切りましょう。処方された量を使い切る前に完治したと思っても、細菌は体内に残っている可能性がありるのです。それがやがて耐性菌となってしまう場合がありますし、似た症状で使ってもまるで効果が現れません。