性病の種類と症状

性感染症には様々な種類があり、治療法も違います。代表的な感染症の症状や感染経路、治療方法についてご案内いたします。

クラミジア



症状
クラミジアとは、日本で最も感染率の高い性感染症と言われています。特に感染が多いのは、10代から20代の女の子であり、この原因は低年齢化や多様化であるとされています。トラコマティスという細菌が原因菌になっている病気で、感染力が非常に高い菌です。

1回のセックスで感染してしまう確率は50パーセントと高く、感染しないためにはコンドームを付けるなどの対策が必要になります。そしてこの病気の最も厄介な事は自覚症状が出にくく、無自覚なことが多く、症状を悪化させてしまうということがあります。

女の人の場合、おりものが増えたり、不正出血、またはセックスの時に痛みがでるなど、ホルモンバランスの崩れや生理前などにも同様の症状が出るため、男の人よりも気付きにくいです。男の人の場合は尿道に痒みや排尿時に痛みや不快感を感じることがあり、膿のような分泌物が尿に混ざっていることがあります。

感染経路
男の人の場合、風俗を利用する人もいるので、その際に感染してしまい、気付かぬままパートナーとセックスをしてしまいパートナーに感染なんてこともあります。トラコマティスは人の性器やのどに住み着き、粘膜の接触により感染します。

セックスやディープキスなどが感染の条件を簡単に満たす行為となっています。感染を拡大させないためにも早期の治療を行ったり、コンドームの使用または、病院で定期的に検診を受けるなどの対策をしなければなりません。またセックスが多様化してきているので、不特定の人とセックスすることは控えるようにしましょう。

治療方法・予防
クラミジアの治療には大変効果的なクスリがあり、ジスロマックという抗生物質があります。ジスロマックとは主成分がアジスロマイシン水和物となっており、この成分がトラコマティスの菌に効果的な成分となっています。服用は1回のみでよく、効果は7日間続きます。7日間で症状が治る確率は90パーセントを超え、高い効果が期待できるクスリとなっています。

誕生したばかりのクスリのため、薬価が高いをネックに感じる人は多いかもしれません。そういった方にはジェネリックであるアジーがおすすめです。効果効能がほとんど同じで、副作用も変わることがありません。また、成分もアジスロマイシン水和物となっています。ジェネリックなので薬価もかなり安価で購入することができるので、常備薬としてもおすすめです。

淋病


症状
淋病とは、淋菌の感染で起こります。男性の場合には、尿道炎。女性の場合には子宮頸管炎を引き起こしてしまいます。淋病の淋という字は感染による尿道炎で、尿がポタポタとしたたあり落ちる様子を表現したものです。尿道の中が炎症を起こし、中が狭くなり、痛みも伴うため排尿の勢いが低下します。その様が病名として使用されたのです。

放置をすると体の奥に感染が広がり、男性では精巣上体炎になってしまいます。女性は卵管炎・腹膜炎・肝周囲炎となります。自覚症状がないため、注意が必要です。

感染経路
感染経路として考えられるのは性交、オーラルセックス(口内性交)によるものがほとんどです。近年は、特に喉への感染が多くオーラルセックスを行なって、気付かぬうちに移してしまうパターンが多いようです。

治療方法・予防
治療としては、抗生物質を使用します。スペクチノマイシン、セフォジジム、セフトリアキソンの三種類です。医師から処方をされた分を必ず飲み切ることが治療のコツです。途中で治ったと思いやめてしまうと再び発症してしまいます。

梅毒

症状

「梅毒」は、梅毒トレポネーマ(細菌の一種)によって起こる性感染症です。梅毒も年々増加傾向にあり、第一期~第四期まで症状があります。第四期まで進行すると死亡する恐れもあり、昔は不治の病として恐れられていた性感染症です。梅毒に感染し、病変部分(感染部位の潰瘍・発疹など)からHIVに感染する可能性が高まるので特に危険なものといえます。

感染経路
感染経路はほぼ性交・オーラルセックスです。母子感染や輸血による感染も起こりえます。

治療方法・予防
治療にはペニシリン(抗生物質)を用います。皮膚に症状が出ている場合には皮膚科も受診すると良いでしょう。予防には性交をしない事が一番なのですが、コンドームの着用、不特定多数との性交をしないことで防ぐことが出来ます。

コンジローム


症状
「コンジローム」は、ヒトパピローマウイルス(HPV)により起こる性感染症になります。性器及び周辺にイボが出来るため、比較的判別しやすい性感染症と言えます。イボの大きさは1~3ミリ、または数センチの物まで様々な大きさです。先がとがって固く、ザラザラとした感触で、色は黒っぽいものからピンクのものまで発生します。
イボが増殖をすると、ニワトリのトサカみたいな形状などの固まりになってしまいます。痛みと痒みはありません。これを放置すると、ガンになる可能性があるため、侮れない感染症といえます。

HPVは100種類以上あり、子宮頸がんの原因もこのウイルスにより発症をしてしまいます。ですが、コンジロームと子宮頸がんのウイルスは別の型のため、同時に発症することはありません。

感染経路
感染経路は性交やオーラルセックスです。皮膚や粘膜のごく小さな傷によりウイルスが侵入をします。喉からも感染をしますので、性器に異常がある時には、性交はもちろんオーラルセックスも行わないようにしなければなりません。

治療方法・予防
治療法としてはイボを手術によって切除したり、抗生物質が配合されたクリームを患部に塗って治す方法が一般的です。

性器ヘルペス


症状
性器ヘルペスとはヘルペスの一種で性器の周辺に水疱ができる症状です。男性女性ともに発熱や太もものリンパ節の痛みを伴います。特に女性が発症した場合には強い痛みが出やすく排尿が困難になります。また、1年以内に再発する確率が8割を超えるため、治療が完了しても注意の必要な感染症なのです。

感染経路
感染経路は性交によるものです。また、口唇ヘルペスが出来ている場合によるキスやオーラルセックスによっても感染をします。
口唇ヘルペスと性器ヘルペスは単純ヘルペスと呼ばれるもので、ウイルスの型が違います。ですが、患部を触れた手や唾液によっても感染をする可能性もあります。
予防法はコンドームの着用が推奨されていますが、患部との接触によって起こるので必ずしも防げるものではありませんので気をつけて下さい。

治療方法・予防
治療法にはバルトレックスやゾビラックスなど、他のヘルペスでも使われる抗生物質で治療を行ないます。